一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:家庭


 
本日は珍しく朝からブログでございます。
いつもは朝イチからバタバタしておりますが、たまにはこんな日も。

「ふとんのキムラ」はありがたいことに、皆様からご愛顧いただき、創業45年を迎えた寝具製造工場です。
いろいろなお客様とお話ししておりますと、日々勉強になることが多いです。

 

一昔前は、古くなったお布団をおばあちゃんがせっせと仕立て直し、また家族が新たに使用するというような話を聞きました。
実際、「キムラさんで布団の側だけ縫ってください。あとは私がやります〜」というような、おばあ様がおられました。

少し不安でしたが、いろいろとお話しさせていただき、納品したのですが、
ご家庭の仕上がりとは思えない出来上がりにびっくりしたことがあります。

今ではあまり聞かない話ですが、「物を無駄にせず大事にしてきた時代があったんだな。」と勉強させていただきました。

 
  • みなさん、古くなった布団はどうしますか?

最近では、ちょっと外回りをすると道端にどーんと布団が捨ててあります。古いものからまだ新しいものまで様々です。よく見かける光景です。寝具製造者としてはとても悲しいです。しかし使わない布団や古い布団はとてもじゃまですよね。
こだわりの寝具店や当社のような工場で直売された布団も古くなれば、捨ててしまわれるのでしょうかね。
しかし、
捨てるのにもお金がかかります
自治体などに持っていくと捨てるものにもかかわらず、何百円か経費がかかります。なんだかもったいないですよね。私の住んでいる自治体ではまず、平日の9時から5時に粗大ごみや粗ゴミの受付を電話または窓口で行い、予約番号をとります。それから約束した日にちと時間に、予約番号を張り付けた粗大ごみを家の前に出すという手順です。

捨てるのにお金も手間もかかるのですね。


 
 
  • 布団工場から、古い布団の処理にご提案があります。

そんな時は「ふとんのキムラ」にお任せください。
わた布団や羽毛布団は打ち直しやリフォームができるのです。
何年も前に婚礼の時、花嫁道具として持参した「高級わた布団」や「羽毛布団」。そのような記念として大事な日の為に仕立てられたお布団類は、高確率で高級素材が使用されております。
現代のように、安さを追求した素材などがあまり無い時代とも言えますので、わたの打ち直しや羽毛のリフォームなどをしても仕上がりが段違いに良いのです。
そういった物を大事にしてきた時代の布団類は捨てずに再利用するのがお得だと思います。
同じ布団に仕立て直しをしたり、ダブルをシングルサイズにサイズを変更したり、座布団やクッションなどいろんなアイテムに生まれまわることが可能です。

 


押し入れやタンスにしまいこまれて使われていない布団があり、長年困っているというお客様はお問い合わせくださいませ。近隣のお客様から遠方のお客様までどうぞお気軽にお問合せください。

わた布団打ち直し・羽毛布団リフォーム&リペアをご依頼は「ふとんのキムラ」にお問い合わせくださいませ。

ふとんのキムラ 布団打ち直しホームページにいく


(※お布団の状態により打ち直しやリフォームが出来ない場合もございます、お布団の状態を確認させていただきます。)







 

  • -
  • 09:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク