一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:家庭

 

 


かなり暖かくなり、春まっさかりですね!
こういう季節には、日ごろのお悩みをスカっと解決し、気分よくリビングでコーヒータイム
なんてできるとうれしいですよね。

「ふとんのキムラ」は創業50年近くになる、寝具製造工場です。古くより皆様にご愛顧いただいております。
いろいろなお客様がおられる中で、当社によくお寄せいただくご相談に


 

 

古い羽毛布団はどうすればいいの?


というご質問を多くいただきます。
わた布団の場合は「打ち直し」ができますし、打ち直しをしてお布団を再利用できることを
知っておられるお客様も最近では多くなってきております。(布団の打ち直しページで詳しい説明をみる
羽毛布団についてはどうでしょうか?

長年使った羽毛布団を「リフォーム」してご使用されているお客様は
まだ数少ないと思います。

悪くなれば捨てればよいと思いながら毎日使用するのと、
なるべく大事に使おうと思い毎日使用するのとでは、
側生地の傷み方や、中身羽毛の状態にも差が出てくると私は思います。

 

 

今使用している羽毛布団は、後々リフォームできる!

 

と思いながら毎日お使いいただくと良いのかなと思います。
リフォーム周期としましては、3〜5年程度で一度リフォームしていきますと、
中身羽毛の状態も損傷が激しくならず、足し羽毛をすることで、保温力なども回復いたしますし、
側生地なども新品になり、気持ちよくご使用いただけます。

季節的にも、春〜夏あたりで、羽毛布団をリフォームし、秋〜冬で暖かくご使用いただけると
理想的なのかなと思います。

更に、羽毛布団のリフォームは、同じようなサイズの布団を作ることはもちろん、
いろいろと再利用が可能です。


 

  1. 1枚の布団で夏用肌掛けと羽毛布団を1〜2枚作る(お持ちのお布団の羽毛の量によって可能です)
  2. 足し羽毛を少し多めにして、セミダブルやダブルサイズの羽毛布団を作る
  3. 中身の損傷が激しい場合は、クッションや座布団・インテリア用として再利用できる。
  4. 当社のペット用羽毛布団に作り替えも可能です。

 

などなど、現状の羽毛布団に作り替える以外にも様々な活用法があります。
アイデアや生活スタイルにより、リフォームの幅はとっても広がります。
古くなって捨てようかと考えていた羽毛布団が、
新しく必要なものになるのはとても楽しいですね。


押し入れの中で場所を取り使わなくなった羽毛布団でお困りの場合や、
ご使用の羽毛布団が古くなってきたと感じておられる方、
温かみが少なくなってきたとお悩みの場合など「ふとんのキムラ」にお問合せくださいませ。

ふとんのキムラ KIMURA kyoto のホームページへ






 

  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク